堆肥熱育雛 その後

 いよいよ明日、入雛です。
 
発酵床の温度は順調に上がり、このとうり50度以上あります。
 
今回もどうにかうまくいったようです。
 
 専門書には 温度110°F~130°Fと
 
あり、おかみがぜんぜん温度が足りないと
 
慌ててました。 華氏と摂氏の違いで、
 
摂氏に直すと50~60℃で、ちょうどいいぐら
 
いまで上がったのでほっとしました。
 
 
 
 
 
 
 育雛部屋はこのように長細くなってます。 約9メートルの枠の中をひよこたちは一日中走り回り、
 
丈夫な足腰と内臓が作られるのです。
 

 明日は先日長男と一緒に保育園を卒園した子ども
 
たちと先生が一緒にひよこの入雛に来てくれます。
 
本間農園としても子どもたちにそんな経験を用意
 
できるのがとても嬉しいです。
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

堆肥熱育雛

次の記事

夜桜を見に。