おやじの背中

 栃木の親父から和菓子が届いた。

親父は今年70を迎える。 和菓子職人である。

14歳のときから修行しているので、もう50年以上和菓子をつくっている。

あのころとちっとも変わらない、素朴なまんじゅうをかじってみたら、なつかしい味がした。

何年か前に帰省したとき、妻が親父に聞いた。

「お父さんはどうして和菓子職人になったの?」

私も聞いたこともない質問に親父が答えた。

「じいちゃんが甘いものが大好きで、甘いものを食べたときにすごく嬉しそうな顔をしたからな。」

戦後まもなくで、父親はシベリアに抑留されていて、食べていくために仕方なく職人の道に入ったとばか

り思っていた。

 思春期になって、私は親父が嫌いだった。 毎日朝早くから汗まみれで働く親父がかっこわるかった。

スーツを着て出勤する友達のお父さんがかっこよく見えた。世渡りが下手な親父みたいになりたくない

と思った。

 そして今、私は親父の背中を見て育つことができて、幸せだったと感じている。

子供が生まれ、親父が来る日も来る日も、毎日5時に起きてボイラーを立ち上げていたときの想いがやっ

と、少しわかるようになった。

ずいぶん心配もかけたし、親孝行らしいこともできていない。 それでも、今度は私がこどもたちに親父

の背中を見せていく番である。

私は親父を越えれたかな? まだまだこれからのようである。 越え甲斐のあるでっかい背中の親父にな

りたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

手のかかる息子

次の記事

水力発電所