自動給水

 毎日暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 
 
本間農園では、人も犬もヤギも鶏たちも、みな元気に過ごしています。さすがに鶏は産卵率が少し下がっていま
 
すが。 暑い中毎日卵を産んでくれている鶏たちのために、自動給水の仕組みを作ることにしました。
 
これまでは川や雨水タンクからバケツで水を汲んで、鶏舎の水桶に入れていましたが、 少しでも冷たくて、新鮮
 
な水を飲んでもらおうと、裏山の沢から水を引くことにしました。
 

 ポリバケツの底に穴を開け
 
エンビ菅を水中ボンドで取り付
 
けています。 廃品の雨どい
 
を沢に接地しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 途中、分岐させて、バルブと
 
手洗い用の水道も取り付けま
 
した。 落差が結構あるので
 
水圧も十分あります。
 
エンビ菅はVP13を使用。
 
総延長は50メートルです。
 
溝堀と埋め戻しが大変でした
 
 
 
 

 雨どいを加工して水のみを
 
作りました。 オーバーフロー
 
した分は川に戻すようにしまし
 
た。 ここでもまた溝堀り、
 
埋め戻しが。 (><;)
 
 水が流れると美味しそうに
 
鶏たちが飲んでくれました。
 
アルバイトのゆう君が、餌やり
 
や配合をしてくれているので、
 
園長はそのほかの仕事に集中することができます。 長男遼平は今日から新学期、壱岐の海で真っ黒に日焼け
 
した顔で登校していきました。 おかみもなんとか早産になることもなく、出産も秒読み段階です。 暦の上では
 
もう秋。この暑さを乗り切って、実りの秋を迎えたいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

本間農園の救世主!!

次の記事

残りわずかな一体感