実りの秋

しいたけがだんだん大きくなってきました。

しいたけは、使いきれなかったら干しておくと又使い勝手がいいので助かります。

本間農園は川を挟んで畑があるので、川べたにしいたけのほだぎを置いています。

油断していると、この川を泳いでイノシシがやってきます。

さつまいもを収穫しているこの時期、一番危険度が高いです。

先日、近所の友人も畑をあらされ、白菜の苗がぐちゃぐちゃ(×-×)のようです。

本間農園もイノシシとの戦い苦節3年で、やっと収穫ができるようになってきました。

まずは敵を知らねば・・・と「作物をイノシシから守る本」とそのまんまの題名の本を購入し、

園長は読破し、実践して、現在に至ります。

近所の人もいのししにくれてやるようなもんだけん、作らんと言われます。

山に暮らして、諦めない力を培ってきたように思います。

園長はしいたけにしてもきのこの本を買ってきて読破し、実践。いのししもそんなで・・・

次は「炭素循環農法」にはまってきているようです。

園長が本気になったらことは早く動き出すので、おかみとしたらいかに本気になってもらうか・・・

がポイントであると思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA